music therapy

コミュニティ・ミュージックセラピー

音楽療法は誰のために…。

ノルウェーの音楽療法の多くは、コミュニティ・ミュージックセラピーと呼ばれています。従来の音楽療法が疾病や障害などをもつクライエントとセラピストとの関係の中で行われるのに対して、コミュニティ・ミュージックセラピーでは、クライエントから同心円状に広がる家族、仲間、コミュニティを巻き込み、コミュニティ全体に変化をもたらすことを目的とされています。これは、ある人が問題を抱え、コミュニティの中で生きづらさを感じているのであれば、それはその本人や家族だけが背負うべき問題ではないという基本的な考え方によっています。人はコミュニティ内でコミュニティと共に生きるべきであり、コミュニティから孤立して生きることのできる人間などは存在しないのです。
世界を変えるかもしれない、少しかもしれないが…。
現在、世界の様々な地域でコミュニティ・ミュージックセラピーが行われていますが、最も多くの音楽療法士が活動を行っているのは、経済の発展が優先され、科学技術が高度に発達し、物質的な豊かさを享受しているにもかかわらず、人々が疎外感や孤独感を感じるようになった社会です。そこでは、音楽療法士は人と人とをつなぐ、いわば人間関係の再構築に力を注いでいます。ノルウェーで25年間にわたって実践されてきたコミュニティ・ミュージックセラピーはこのような活動の重要なモデルケースとなっています。

0歳児とママ(&パパ)のためのミュージックサークル

東京・武蔵野

2006年9月から「子どももおとなも楽しむ生活プロジェクト(モモプロジェクト)」との協働で活動を行っています。

◎《0歳児とママのためのミュージックサークル》
2016年春期(第29期)全6回
木曜日 10:00-10:50、11:00-11:50
会場:武蔵野市民文化会館第2練習室など
主宰:子どももおとなも楽しむ生活プロジェクト

東京・池袋

2010年3月に行った区民ひろば主催の講座がきっかけとなり、地域のお母さんたちが集まり、2010年4月に活動が始まりました。

◎《楽器で遊ぼう!》
水曜日10:00-11:00、11:00-12:00
会場:豊島区区民ひろば南池袋
主宰:自主サークル《楽器で遊ぼう!》

「スマイルママ」のミュージックサークル

東京・武蔵野

「子どももおとなも楽しむ生活プロジェクト(モモプロジェクト)」との活動が基盤となり、2012年1月から「スマイルママ」との協働で活動を行っています。特別なニーズのある小さなお子さんとの活動です。

◎《サークルⅠ》
月2回土曜日9:30-10:30、10:45-11:45
会場:武蔵野市内コミュニティセンター
主宰:子どももおとなも楽しむ生活プロジェクト/スマイルママ
◎《サークルⅡ》
月1回木曜日14:30-15:30
会場:武蔵野市内コミュニティセンター
主宰:子どももおとなも楽しむ生活プロジェクト/スマイルママ

せっちゃんのミュージックボックス

京都大学附属病院小児科

京大病院小児科ボランティアグループ「にこにこトマト」の活動に参加しています。

◎毎月第2金曜日15:00-16:00

山梨大学附属病院小児科

NPO法人「絵本カーニバル」との協働で活動を行っています。

◎毎月第4金曜日14:30-16:30

放課後デイサービス、精神科・アルコール科デイサービス、重度心身障がい者(児)施設などでも活動を行っています。
セッション等をご希望の方はご相談ください。

events

2015.11.07 横浜美術館
音遊びワークショップ
2015.09.?? 自治医科大学とちぎ子ども医療センター
絵本カーニバル~音楽ワークショップ
2014.12.07 横浜美術館
音遊びワークショップ
2013.12.21 陸前高田コミュニティー図書館
絵本カーニバル~音楽ワークショップ
2013.11.17 横浜美術館
音遊びワークショップ

articles

the ミュージックセラピー vol.19

2011年6月 音楽之友社刊

the ミュージックセラピー vol.18

2010年11月 音楽之友社刊

the ミュージックセラピー vol.17

2010年6月 音楽之友社刊

the ミュージックセラピー vol.16

2009年11月 音楽之友社刊

シルバー新報

2009年3月 環境新聞社

the ミュージックセラピー vol.13

2008年6月 音楽之友社刊

the ミュージックセラピー vol.5

2004年11月 音楽之友社刊

the ミュージックセラピー vol.4

2004年7月 音楽之友社刊